Calm-20年-20曲

そろそろインフォメーションも整い始めています。
5月24日、Calmデビュー20周年記念プロジェクト第1弾ベストアルバムが発売になります。
6年程前に当時ラストラムの企画でプチベスト的なものが出ていますが、今回は20周年の本気のベストです。
ラストラム企画のものも、Bar Music中村君の選曲で素晴らしい内容でしたが、今回は自分で自分を懐古しています。

そもそもベストとは何か?
昔と違って最近は活動期間短くてもセールスの為にベスト盤やシングル集が芸能界では幅を利かせています。
ベストって一体何?
だからベスト盤という表現は非常に難しいです。
現在幅を利かせるベストという表現を使うにはいまだに抵抗があります。
(自分の中ではベストとフェスとプロフィールは気をつけろというのがあります。)

デビューしてから20年。
今まで過去を振り返る余裕などなかったです。
とにかく前に進むだけ。
今でも過去の自分ではなく今の自分との戦いが続いています。
そんな中でも一応Calm成人式と言ってもいいのかな。
ベストというチョイスではとても難しい20曲。
だって全ての曲が自分には可愛い愛おしい子供。
それでも20年だから20曲に泣く泣く絞って選んでみました。
自分の主観と客観のバランスで。

前も後ろも左も右も、上も下も真っ暗闇の世界。
動いて動いてもがいてもがいて心から叫び続けて、何故か運良く周りが光を照らしてくれて、
その光が少しずつ大きく明るくなり、いつのまにか周りが見え過ぎてどこに進んだらいいのか分からなくなったり、
道案内が色んな人とチェンジして、心の奥底を叫ぶことだけではいけなくなってきた。

夜中に大自然や砂漠や雨やサンセットや朝日を妄想し、昼間は星空や月や未開の宇宙を夢見る。
数々の楽曲が振ってきて、自分が作ったアルバムに引っ張られ、ときにはぶつかり、ときにはお互い分かち合う。

自分は旧来の作曲家ではなく、現代の妄想家。
しっくりくるコードやメロディをしっくりくる音の質感で勝負する。
ときにはアグレッシィブに、ときには切なく。

皆が想像する、ときには戦わなければいけないCalmへの先入観に涙することもあれば、
そのおかげで多くの出会いがあったりする。

結局この20年、いやデビューする前から何の進歩もないのかもしれない。
自分の嗅覚と危機管理能力を過信することなく、何故かいつもの立ち位置に好んで戻ってくる。
そういった全ての繰り返しで20年は作られているのかもしれない。

記憶力の低下は否めないけれど、少しずつ懐古していけたらいいさ。

今でも向いているのは未来。
自分のベストは常に今。
しかしこの20年を自分でおめでとうと振り返ってみるのも今の気分。

これまで発売したアルバムを持っている人も、初めて接する人も、色あせないことを祈りつつ。

答案用紙を初めて採点して、それが何点でも構わない。
自分がやってきたことに誇りを持って。
少しだけ自分を褒めてあげようかな。


Calm “20 Years Citrus Mellowdies” (Music Conception)
2017.5.24.発売

big

DISC1
1 Running on the Sand
2 Light Years – 2017 Full Moon Mix
3 Utopia & Visions
4 Cosmic Language
5 Song for Sea of Tranquility
6 New Beginning
7 Earth Song
8 Waltz for the Virgin Forest – Live
9 Journey to the Shadow of the Earth
10 Oasis -2017 Full Moon Mix

Disc2
1 Music is Ours – Saxmental
2 Sunday Sun
3 Pharoah – The Sun
4 Umi-Uta – Sea Song
5 Pearls and the Sun
6 Peace
7 Pining
8 White Breath
9 Authentic Love Song
10 Stories

アートワークはファーストアルバムからCalm全作品のジャケを担当してくれているFJD藤田さん。
今回も暖かく懐古も未来を据えたデザインになってます。
初回限定盤は紙のボックス仕様。とても優しく心地よいです。
全曲Calm本人によるリマスタリング。
色あせない20曲をお楽しみください!


Shades of Spring

先日のOasis@Bar Musicでのプレイのオープニングのひととき。
なかなか良いミックスになったので、こちらにアップしておきます。

心満たされますように!


春満開スペシャル Oasis@Bar Music 本日開催

やっと春満開となりましたね。
春になるまでの三寒四温は身体と精神を蝕みやすいので毎年気をつけていますが、
それでも困ったときは音楽ですね。

最近はaetの新作ケーブルのプロトタイプに圧倒され、それに合わせてルームアコースティックも更に見直して、部屋がとてつもない音になってます。
ルームアコースティックに関しては、天井がいつも苦労してます。
重い物は付けれないから、色んなアイディアで、しかもなるべく安くやってます。
やっぱりアンテナをはっていると色んなものを使えるアイディアが浮かんできますね。
目下の問題は奇麗にスタイリッシュにできないかということです。
両立させるのがなかなか難しいです。

さてそんなこんなで春突入スペシャルのOasis@Bar Musicが本日開催です。
今月もアルバム2枚の丸々プレイをフィーチャーして、Oasis独自のオリジナルな選曲で、ぶれずにプレイしたいと思ってます。
DJ Bar というスタイルにこの方向性の選曲もありだと思ってます。
音楽は自由であるべきだし、DJというものこうでないとという先入観も早く捨て去るべきです。
B4Eの方向性とは全く違った、Calm楽曲とシンクロするOasis@Bar Music。
平日ですが終電までのひととき、また朝までどっぷり。
是非遊びに来てください!

2017.4.5. (wed)
Oasis@Bar Music渋谷
Music Navigated by Calm Open to Last

今月のフィーチャーアルバム
●Glue Trip / Glue Trip (Novo Mundo)
●Everything But the Girl / Baby the Stars Shine Bright (Blanco y Negro)


お知らせです

年々熱気をおび、毎年恒例で楽しみにしていた人も多かったB4E Under the Skyですが、
今年は諸事情により開催しないことになりました。

今年はないんですか?という問い合わせも多かっただけに残念です。

その分今年のCalmデビュー20周年イヤーで、色々盛り上げていきたいと思います。

どうかよろしくお願いします!


JASRACの迷走

JASRACとう組織は、我々音楽家には避けては通れない大物。
確かに恩恵を受ける場合、助かる場合もありますが、何故かあの閉鎖された組織が不思議に思えることが多い。

普通ならば色々なところから徴収してくれるのだからありがたいと思わなければいけないのだろうけど、、、。

カラオケ、、、まあこれはしょうがないよね。
DJの場合は箱がJASRACに総括して支払う場合が多い。

しかしラジオや有線やその他クラブなどにしても、正確にその場でプレイされた曲を全て網羅して分配している訳ではない。
こういった細部の仕事もきちんとして、細部まで支払いをしてくれるのであれば皆平等だから文句どころかありがたいことでしかない。
昨今話題の定額制の音楽サイトやアプリなどもいまだ不安や疑心が拭えない。
JASRACに関しては、CD等の売り上げはそれなりにきちんとカウントしているのだけど、どうしてもそれ以外の部分は上の方の一括取りに近い状況がずっと続いている。

そんな細部まで見きれないとJASRACは主張するだろうけど、それをやるのが仕事ではないのか?
今回の音楽練習者やスタジオからも徴収するという動きが出来るのであれば、もっとやるべきことがあるのでは?

JASRACはやくざだと形容されることもある。
実際自分達の曲をライブで演奏しているのに、それさえもJASRACに一度支払いをしなければいけないことが多い。
そして手数料を引かれてまた戻ってくる。
他人の曲をプレイしたのであれば、それは支払いをしなければいけないのかもしれないけどね。

日本では残念ながらJASRACの一人勝ち。
出る杭はJASRACの力で押しつぶされてしまう。
一社独占もいいところだ。
何故独占禁止法は成立しないのか?

怖いですね、大人の世界。

JASRACに限らす、こういった社団法人系などは、お前らの為に動いてやっている感が強い。
例えば何かを問い合わせたりしても、かなり対応が悪いし、何故か向こうが強い場合が多い。
でもあんた達を食べさせているのは我々の音楽があるからではないのか?


常にこんなことを考えながらも、じわじわ攻める彼らの攻撃にある意味慢性的な慣れが生じているのかも。

結構タチ悪い。

法律的にはOKでも納得いかないことは非常に多い。
逆に法律ではいけないことでも、そんなに悪いことか?と疑問に思うことも多い。


理不尽に怒るだけも良くないけど、常に自分を持って筋が通った怒りはきちんと主張していかなければいけないな。

そして自分にも常に厳しく。




理想だけどなかなか出来ないのが現実だよね。


Oasis@Bar Music

毎月恒例、Oasis@Bar Musicですが、今回2017.2.1(wed)は、私諸事情により中止となります。
Bar Music自体は通常営業しております。

楽しみにしていた皆さんにはご迷惑をおかけします。

どうかご理解の程よろしくお願いします!

来月3月は通常通り開催です。


Calm


Running is like a Samba

David Benoitの名曲”Life is like a samba”ではないですが、走ることはまるで人生の縮図のような感じ。
走るという目標地点を決めて、そこまでの往復をどのように走るか。

まずは意気揚々と走るときもあれば、強迫観念に縛られたり、嫌々走り出したり、何も考えずに走り出したり。
走り出したらその日の体調やスピード管理で早めに疲れがきたり、いつもより走れたり。
もう引き返そうと思ったり、外の景色の素晴らしさにうっとりして疲れを忘れてしまったり。

次に目にするのは周りを走る車だったり、同じようにランニングをする人だったり、自転車で走っている人、普通に歩いている人。
ときには自転車に追い越されたり、同じように走っている人に追い抜かれたり追い抜いたり。

調子に乗って走っていると疲れがピークに達して、ここで少しスピードを落とすべきか?それとも一度クールダウンする為に歩いていくか?それとも一度立ち止まるか?
毎日の体調や天候、またその日の精神状態で決断が変わってくる。

しかし基本的には家まで走り終えるということが大きな目標だから、立ち止まるくらいなら少しペースを落としてでもなるべく走り続ける。
何か大きなアクシデントが起こらない限りは、必ず家には辿り着くのだから。

生きているということは、毎日何かの試練に打ち当たったり楽しいことがあったり、何も無い日でも小さな出来事は必ずあるはず。
目標通りに走りきった後には爽快感が残るのと同じように、人生でも小さな達成感が大きな達成感を生むことがある。
毎日のランと同じように何か仕事ややるべきことを全うするには、小さいけどやらなければいけないことの積み重ね。
大きなことが一度に出来るわけではなく、準備から本番まで小さな積み重ねの繰り返しだろう。

失敗することもあれば、途中で目的地が変わることもあるし、追い越されるときもあれば追い越すときもある。
追い越されたら悔しくなることもあるし、追い越せば優越感に浸ることもある。
何を思ったか自動車と色んなことを比べることもある。
遠くの電車を見つめていたらいつのまにかここに着くときもある。
目を閉じていたら道を外れることもあったり、障害にぶつかりそうなときも。

色んなことを考えながら、そして最終的には無心にゴールへと向かう。
その毎日の積み重ね。
身体が疲れたときは、次の日はオフにするのか?それとも続けることで体力を付けていくのか?
そもそも目標は気力なのか体力なのか?

人生という大きな目標があってその中でとても多くのやるべきことが枝分かれしている。
その多くのやるべきことも一夜にしてできることではないから、毎日小さなことからコツコツとやらなければ達成出来ない。
大きな目標の為に始めたことなのに、途中で何の為にやっているのかわからなくなってしまうことも多い。
そして最後には本当に大切にしなければいけないことを裏切ってしまったり、ないがしろにしてしまったり、、、

目標、状況判断、ぶれない、コツコツと努力すること。
ときには方向転換することもあるかもしれないがそれは大きな目標の為。
決して楽をしようとか、ぬるま湯につかろうとか、快楽に浸ろうとかではない。
若い頃は若い行動ができるし、歳を取ればそれに合ったやり方がある。


こんな「徒然なるままに」で書いていることに共感してくれる人もいれば、全くもって理解してもらえない場合もあるし、時代と共に理解してもらえることもあるだろう。
自分自身仙人としてある境地に達したではなく、色々考えながら生きているからこんなことも「徒然なるままに」書いてしまうのかもしれない。

こういったとき「徒然なるままに」と入れると楽ですね。
別に考えを押し付けてる訳ではないんですよね感出ますしね。


Calm20周年イヤーの始まりに。
小学生高学年のときに強く思った「人生音楽と共に!」を全うすべく、まずは一つの良い節目『Calm 20th』をどのように行動するか。
自分自身も楽しみです。


明けましておめでとうございます!

2017年のスタートです。
皆さんはどんな年にしたいですか?

2017年はCalmにとってデビュー20周年の年。
何か記念になる物を計画していきたいですね。

ピュアに音楽に接していきたいし、20年の蓄積を披露していきたいし、色んな夢があります。
自分に嘘をつかず、芯はぶれず、着実に進んでいきたいと思ってます。

いつもながら応援よろしくお願いします!


さて新年第1弾、Oasis@Bar Musicで仕事始めです。
今月は隔月開催のアルバムの月です。
厳選5枚を選曲の途中にさりげなく差し込んでいきます。
もちろん今月も聴いてもらいたい楽曲は沢山ありますので、それらもアルバムの間にプレイしていきます。

Oasisでのプレイを新年のご挨拶とさせていただきます。

それではお待ちしております〜!


第24回 2017.1.4 Raised on the Album Selection

●Kahil El’Zabar with David Murray / Golden Sea (Sound Aspects)
●War / Galaxy (MCA Records)
●Alice Coltrane Quintet / Ptah, The El Daoud (Impulse)
●Helios / Eingya (Type)
●Throbbing Gristle / 20 Jazz Funk Greats (Pass Records)
順不同です


Oasis@Bar Music 2016.11.2 (wed)

今月のOasisはアルバムを聴こうの月です。

毎回厳選5枚を、最近はプレイの途中途中に挟み込んでます。
いかにごく自然に差し込めるかが今の楽しみ。

さて今回の5枚は

第23回 2016.11.2
●Lil Boniche / Boniche Dub (APC)
●J.Jasmine / My New Music (Not on Label)
●Orquesta De Las Nubes / El Orden Del Azar (Linterna Musica)
●Chromatics / Drumless (Italians Do It Better)
●Michael William Gilbert / In the Dreamtime (Palace of Lights)
順不同

となります。

今回も内容重視。
そしてなかなか聴けないアルバムもありますので、是非足を運んでください!

ピュアリスニング仕様でお待ちしてます!


2016.11.2 (wed) Oasis@Bar Music渋谷
Music: CALM – All Night
HOST: 中村 智昭(MUSICAANOSSA)

※19:00~28:00の開催です。
※1Drink Order + Music Charge ¥500
Bar Music バー・ミュージック
150-0043東京都渋谷区道玄坂 1-6-7-5F
Tel 03.6416.3307
Open / 18:00
アクセス
京王井の頭線渋谷駅西口からセルリアン・タワー方面へ徒歩1分、JR渋谷駅ハチ公口からは徒歩3分。
スペイン・バール「マドリード」前、炭火焼肉「龍」の上のフロア5Fとなります。


哀愁のヨーロッパ

サンタナみたいなタイトルですね。

どうもご無沙汰してます。
最近はインスタの投稿ばかりでこちらが手つかずになってしまいました。
どうもすみません。

9月から怒濤の2ヶ月を過ごしました。
あちこち移動ばかりで体調や精神もギリギリ乗り切った感じです。
10月は特に移動ばかり。
東京→大阪→広島→山口→東京と4日で5公演をやりきり、すぐに沖縄→ヨーロッパと寒暖の差と椅子に座っての移動との戦いでした。

久しぶりのヨーロッパも満喫しました。
文化、風習、言語、気候、全てが完璧に違うヨーロッパは12年ぶり。
特にロンドンの変わりようはビックリ。
そして変わらぬ文化発信具合と観光客の多さと表面的には意外に詰めたいロンドン。
全てを再確認する作業の繰り返しでした。
DJも2カ所こなして、レコ屋巡りもして、総合的には日本もまだまだ捨てた物じゃないなという感動。
全てが劣っている訳ではない。
どこに行ってもポジティブなやつはいるし、ネガティブなやつもいる。
ポップなものもあればダークなものもある。
12年前より、そして住んでいた23年前よりも今自分というものを持つことができているからこそ、初めての場所でDJしようが人に何言われようが全く動じなかった。
おかげで帰ってきてから一発目のB4Eも自分を出し切ることができた。

得る物が無かったようで実は意外に得る物があったのかもしれない。
何も媚び諂う必要はなく、だからと言って天狗になることもない。
とにかく等身大で自分を噓偽りなく表現すれば良いのだと。
そして常に向上心を持って自分を客観視し、喜びを分かち合う。

たったこれだけかと思うかもしれないけど、それは言葉に表し文字を読んで理解するのではなく、実体験から学んだことだから、自分の血となり肉となっている。

さあ次はどんな自分を表現できるだろうか!
やっと時差ぼけも治ってきたので、今後の自分が楽しみで仕方がない。

一歩一歩着実に自分の歩幅で歩んでいきます。


写真を掲載しておきます。

少しでも雰囲気が伝わるといいな!

それではまた。


Calm



Camera : FUJI X-Pro1
Lens : Leica Summaron F3.5


dscf0633

dscf0644

dscf0659
dscf0662
dscf0666
dscf0668
dscf0672
dscf0674
dscf0693

dscf0704

dscf0706

dscf0713

dscf0736

dscf0782

dscf0784

dscf0800

dscf0803

dscf0822

dscf0823

dscf0837

dscf0844

dscf0849

dscf0850